赤黒羽織



赤黒前02

いけ部が初めて赤い羽織を作ったのは、60歳の時、3年前です。

赤い雪駄を見かけて惹かれ、履いてみたところ好評で、それなら…と「いつもしあわせ」のオリジナルの地紋がある丹後ちりめんを真っ赤に染めたのが1代目。
驚かれるのが面白く、次に、その真っ赤な羽織を一部赤色を残して黒く染めたのが2代目。

こちらでご紹介しているのはその次に作ったもので、地紋のない丹後ちりめんの赤と黒の生地をパッチワークのようにはぎ合わせています。

羽織なので、女性でも男性でも様々な着方ができます。

洋服の上に羽織ってもおかしくないですよ!

ちょっと大胆ですが、それを着た時のわくわくを是非お楽しみください!

関連商品

  1. いまこのひとときをたのしむ

    丹後ちりめん、絹100%。市松のような幾何学模様数種類と、いけ部の筆アートによる「いまここをたのしむ」の文字が織り込まれた他では絶対手に入らないおしゃれな小紋。女性にも男性にも、センス次第で様々な着こなしを発見し、楽しんでいただけます!

  2. 丸ぐけ帯締め

    「きもの処いけ部」オリジナル。雨ゴート生地の丸ぐけ帯締め。

  3. いけ部オリジナルきもの

    丹後ちりめん生地を使って、シケ引き染めをした品。 上品なグレーのきものです。

  4. すべてにかんしゃ 名古屋帯

    いけ部店主が思いつくままデザインを描いた名古屋帯(染め帯)です。

  5. いつもしあわせ 丹後ちりめん

  6. 正絹 真綿ふとん

    長襦袢地を使って、高級なふとんを作りました。いけ部オリジナル品。

ページ上部へ戻る